鈴木淳夫


鈴木淳夫

 

「絵具を彫る」という私が考案した技法を使って、絵画表現の可能性を探求し、独自の世界を作ります。絵具を彫って20年弱、最近は彫ったものと彫られたものの関係に注目して制作しています。