中小路萌美


中小路萌美
油彩を用いて何十層と色を重ねながら「見えているけれどみえないもの」を表象することについて考察している。
1988年兵庫県生まれ。
2013年 愛知県立芸術大学大学院美術研究科博士前期課程油画版画領域 修了。
2012年より関西・東海を中心に個展・グループ展など多数開催。